窮屈病という病気

窮屈病はどんな病気?

窮屈病という病気は、 眼球が頭蓋骨の眼窩に対して少し大きく成長したため、 周囲の筋肉が押し出されて眼球の動きがわるくなり、 物が二重に見える複視や目のぼやけが生じる病気です。
薬が効かないのも特徴です。
なぜなら、眼球が大きいからです。

脳の病気に注意

2011年1月に、東京都千代田区にある井上眼科病院の若倉先生が初めて見つけた比較的新しい病気です。
二重に見える複視やぼやけは、脳の異常の場合もありますので、もしそのような病気の場合は、大きな病院で頭のMRIを取ってもらうべきです。
窮屈病ならば別に死にはしませんが、 脳腫瘍や脳血腫による脳圧の上昇やくも膜下出血などの頭の病気でも、頭痛や複視が現れます。
一度病院に行ったほうがいいでしょう。
窮屈病になったらどうすればいいのか?まで解説します。

メニュー